Home 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム 適正化事業

●適正化事業

  2015年10月
IT点呼の導入
点呼者、執行者それぞれの状況を動画と音声で記録する、点呼を行えるIT点呼システム。 当社は最先端のIT点呼機器を導入しております。本社では24時間常駐する人員を確保しており、漏れの無い完璧な点呼の実施を行っております。 ドライバの体調はもとより、酒気帯びの確認等の安全管理に対して社全体を上げて実施しております。 
   
  2015年8月
全社、新型デジタコ導入
新デジタコシステムを導入しました。
全車に対してデジタコ(DTG5)および各便、荷物を入力できるハンディを設置しました。
これにより、労務管理システムへの連動が行われます。労務および運行の管理を精度向上を図り、より高いレベルで適正化管理の実施します。 
   
  2015年5月
運行管理適正化事業部発足
 運行管理のレベルアップを最重点項目へ掲げ、全社挙げて取り組んでおります。
運行管理適正事業部を設け、新たに統括部長(大村博氏)を招き入れ配置しました。
当社では今まで以上に安全に取り組み、事故を撲滅へ向け働きかけております。
 
 2014年7月 
ドライブレコーダー全車導入
ドライブレコーダーを車両の大小に関わらず2トン車〜トラクタの全車に設置しました。
これにより事故やニアミスの状況が記録されるため、事故等の映像を利用して乗務員の安全教育へ活用しております。
また、運転マナーの向上・エコドライブに対する指導も十分に活用出来ております。
 
   
2011年11月 
NASVAネット導入
NASVAの適性診断における一般診断を24時間、365日、社内で受診できるのがナスバネットです。
弊社ではより高いレベルで安全を確保する為に社内受診ができるナスバネットを導入しております。
常日頃から受診を乗務員に受診させ診断結果を元に指導を行っており、乗務員に、自動車の運転に関する長所、短所といった「運転のクセ」を様々な測定により見い出し、それぞれのクセに応じたアドバイスを提供することで、交通事故防止に活用しております。  
   
このページの先頭へ
プライバシーポリシー           お問い合せ
Copyright(C) 2009 yuda CO.LTD All Rights Reserved.